委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > 会員交流渉外委員会

会員交流渉外委員会

委員長     長谷川淳士
副委員長    平野 貴之
副委員長    萩  広光

基本方針

 会員一人ひとりには様々な個性があり、それぞれの強みがあります。個性が団結したときに我々の運動は大きな成果をもたらします。全会員が四日市青年会議所の一員であることを自覚して仲間との団結力を高める必要があります。また、地域で運動を展開する青年会議所は、地域の人々から信頼され、必要とされる団体とならなければなりません。私たちは、如何なるときでも凛とした姿であり続け、持続可能な社会を目指す必要があります。
 まずは四日市青年会議所の一員であることを強く自覚するために、対外事業へ参加する目的を明確に伝えることにより、多くの会員に目的意識をもって参画してもらいます。そして全会員が団結していくために楽しさや苦労、達成感を共有し、共に学び、限りある時間を仲間と過ごす機会を設けることで組織としての一体感を作り出します。例会では全会員が自覚して団結力を高めるために、青年会議所の本質を学び、我々の運動がまちを牽引していることを認識することで持続可能な社会に向かうことを理解してもらいます。創立記念式典・12月度事業では地域から信頼され、必要とされる団体となるために先輩方や家族と交流を深めて、凛とした姿で行動し全員の想いをひとつにすることで、地域で運動を展開する団体として周囲の方々から更なる支援をしていただきます。雨港國際青年商會との国際交流では、全会員が参加して交流する設営を行うことで友情が深まり、交流の素晴らしさを理解できます。そして、SDGsについての取組み内容を分かち合うことで、志を同じくする青年のつながりが強まり、今後の両国の国際的な運動の発展につなげます。 一致団結した全会員の力は、一人ひとりが持つ力量の総和以上のパフォーマンスとなります。その力に地域の人々が私たちを信頼し、応援してくださる力が加われば、絶大な力となります。そしてそれは「明るい豊かな社会」を引き寄せる大きな力となっていきます。

事業計画

全会員による会員拡大で地域のブランドを目指す 通年
4月度例会   4月9日
創立記念式典 5月15日
12月度事業 12月1日

公式事業窓口(京都会議、サマーコンファレンス、全国大会)

通年
「年間登録料一括預り金」管理・運営対外事業窓口 通年
雨港國際青年商會との国際交流 通年
出向者の支援 通年
同好会への支援 通年
第46回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集・支援  通年

事業予算

570,000円

委員会開催予定日

毎月第1水曜日