委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > 青少年育成委員会

青少年育成委員会

委員長     佐野 貴代
副委員長    春日 孝夫

基本方針

 人生においては、困難に直面しても前向きに解決して力強く進むことが求められます。人は夢を持つことで自発的に行動する意欲が養われ、困難から逃げない強い意志を持つことができます。また、青少年のやる気スイッチと言える側面があります。夢が具体的なものとなることが動機づけとなり、何事にも挑戦する心が育まれます。私たちは地域の青少年が具体的な夢を持つ契機を創出すると共に、力強い成長をサポートする必要があります。

 本年度、青少年育成委員会では「具体的な夢を持ち力強く生きる青少年の育成」をテーマに活動を行って参ります。まずは、具体的な夢を持つことの大切さをご理解いただくために、経験に基づく実体験を交えながら夢に向かって自らしっかりと考えて繰り返し挑戦することの意義を伝えることで、夢を持つことが人にもたらす力について学ぶことができます。そして、地域の青少年が具体的な夢を持つ契機を創出するために、青少年が日々接する多様な情報に加え、周囲の人たちとのコミュニケーションや実体験を通じて学ぶ機会を設けることで、具体的な夢を持つ青少年の増加につなげます。さらに、活動の成果を次世代へとつなげていくために、活動の軌跡から得られた学びを身近な存在である青少年より伝え、サポートする周囲の人々より成長する姿から受けた感動を発信することで、次世代を担う青少年と周囲の方々に夢を持つことの大切さを伝播して参ります。また、今後の青少年育成活動をより効果的に行うために、SNS・インターネットなどが青少年にどのような影響を与えているかについての調査を行い、結果を地域の方々と共有して参ります。

 私たちの活動によって、地域の青少年は具体的な夢を持ち、その夢に向かってひた走る中で困難を乗り越える力強さを身に付けることができます。そして、その姿から得られる感動が次の世代の青少年に伝わっていくことで力強いまちが創られると確信しております。

事業計画

例会を活用した、全会員による会員拡大 通年
4月度例会 4月15日
9月度例会 9月10日
サルビア基金交付事業  7月~8月
サルビア基金積立事業 9月10日

対外事業窓口(JCI世界会議)

 
対外事業窓口(海洋少年団みなとまつり)  
出向者への支援 通年
同好会への支援 通年
第44回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集 通年

事業予算

380,000円

委員会開催予定日

毎月第3火曜日