プライバシーポリシー

HOME > コンプライアンス自主行動基準

一般社団法人四日市青年会議所は、地域に根差した活動を行う法人格ある団体として、社会的な信用と信頼に応える団体へとより一層の価値を高めていかなければなりません。そのために、法令はもちろんのこと、倫理を含む社会的規範、道徳、ルール等を遵守し、誠実な活動を行うことをここに宣言し、全会員が取るべき行動基準を次のとおり定めます。

 

1 守秘義務

我々は、青年会議所活動で知り得た情報について、厳重な管理を行い、本人の同意を得た、又は法令に基づく等の正当な理由がない場合に、他に漏らすことはしません。また、個人情報の収集は青年会議所活動を行う上で必要最小限にとどめ、知り得た個人情報の利用、提供、管理、秘密保持については厳重にこれを取扱います。

2 活動内容の透明性・説明義務

我々は、家族、会社、地域の方の立場に立って活動を行い、信用と信頼を第一に行動します。また、市民の方からの苦情や照会、質問には誠実に対応し、相手方が理解できるように説明することに努めます。

3 贈答品、接待への対応

我々は、関係団体、市民の方との健全な関係を維持し、過度な接待や謝礼・贈り物の提供・受領を行いません。また、青年会議所活動を行う上で、特定の市民や団体、企業との過度な癒着を排除し、誰から見ても公正公平な活動を行います。

4 公務員や政治家との健全な関係

我々は、公務員や政治家との馴れ合いや癒着と受け取られるような行動を慎み、透明で健全な関係を保ちます。

5 法令等の遵守

我々は、あらゆる法令を遵守し、社会における倫理に則り活動を行います。

6 知的財産権の保護

我々は、著作権、商標権等の知的財産権については、他人の権利を尊重し、厳格に保護、管理を行います。執筆者、著者及び関係者の方々にも知的財産に係る法の遵守を求めます。

7 プライバシーの保護

我々は、明るく、良好な会員相互の人間関係づくりに努め、他人を思いやる気持ちをもち、個人のプライバシーを保護します。

8 社会への責任

我々は、あらゆる違法行為・反社会的行為には厳しく対処します。

9 公私混同と利益相反行為の禁止

我々は、青年会議所会員の立場と個人の立場を明確にし、青年会議所へ私的な利害関係の持ち込みや、青年会議所会員の立場を利用した私的な活動は行いません。

10 ハラスメントの防止

我々は、いかなるセクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、モラル・ハラスメントも許しません。

11 四日市青年会議所の資産保護

我々は、青年会議所の所有する有形財産及びノウハウ、著作権、商標権等の無形財産の有効活用と効率的な運用に努め、厳格な管理と保護・活用を行います。

12 金銭等取扱いに関する倫理義務

我々は、会員から集めた会費、登録料等の金銭の取扱いには正確かつ厳格に努めます。

13 地域社会への貢献

我々は、地域社会の一員であることを自覚し、誠実かつ公正に地域に密着した活動を展開し、地域の健全な発展を目指します。

14 環境保護

我々は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、あらゆる分野で地域や地球環境の保全に配慮して行動します。