委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > 事務局

事務局

事務局長   西川 晴義
財務委員長  萩村  健
事務局次長  福村 和樹

基本方針

 四日市青年会議所は、創立より今日まで諸先輩方から青年会議所で培ったものを受け継ぎ、運動を展開してきたからこそ、地域に年々広く周知されてきています。未来を切り拓く青年の団体として、より地域に愛され信頼されるために会員一人ひとりが青年会議所の担い手であることを自覚し、活動に集中できる運営を常に考える必要があります。また盤石な運営を確実に行い、組織が効率よく機能し成果を出せる環境の整備が肝要となります。

 事務局では、組織運営の基礎を強固にするために、各委員会の相談や要望に対しても迅速に対応を行い、組織運営の向上につなげます。また会員に活動へ集中してもらうために定款と規定を理解していただき、活動を行う上で規定が障壁となっていないか常に考え調査を行います。そしてその結果、必要に応じて規定の整備に努めます。総務面は青年会議所の根幹である各種会議資料の作成を正確に行い、各種会議が円滑な議論の場となる会議設営を行います。財務面は昨年度の財政審査特別委員会の成果を活かしコンプライアンスに則り、活動の予算、会計処理が適正に行われるよう書類の不備がない指導に努めます。広報面は地域に根差した団体になるべく、地域メディアを活用し対象者に合わせ、効果的に情報発信を行います。更に各種団体に事業内容のPR活動を行い、その情報が明確に対象者へ伝わり、より多くの人に周知される広報を推進します。また身近にいる会社や家族に対しても積極的に広報活動が行える環境を整えます。そしてメンバーが1年間の終わりに青年会議所の意義を感じ、諸先輩方の想いを受け継ぎ、今後の事業の発展につなげます。

 組織運営が効率よく機能し、全会員が活動に対して自覚と誇りを持ち行動することによって、四日市青年会議所はこの地域において輝き続け今後のより良い活動につながります。そして、更に自ら求心力のある学ぶ組織へと向上し、未来を切り拓くと確信いたします。

事業計画

例会を活用した、全会員による会員拡大 通年
総務事項の運営管理
(基本資料の作成・総会・理事会・例会・財務・その他)
毎月
賀詞交歓会 1月9日
卒業生を囲む会 11月
12月度例会  12月3日
対外・対内広報 通年
定款と規定の理解及び規定の調査・整備 通年
出向者への支援 通年
同好会への支援 通年
第44回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集 通年

事業予算

1,040,000円

委員会開催予定日

毎月月初(原則)