委員会紹介

HOME > 委員会紹介 > 事務局

事務局

事務局長   橋本 洋志
財務委員長  伊藤 将士
事務局次長  後藤 亮太

基本方針

 社会が変化する中で青年会議所が地域社会で活動を続けていくには、会員と地域社会、両方から見た組織の有益性を考えていかなければなりません。様々な立場や境遇を異にする会員が増えてきている中、全会員に有益な組織であり続けるよう、常に今の時代にあった効率の良い組織運営が必要であります。また我々の運動が地域社会にどのような影響をもたらすのかを地域の方へ広く発信し、我々の運動を理解していただく必要があります。
 全会員が時間を無駄にすることなく有意義に活動できるように、青年会議所運動の根幹である各種会議の資料準備から議事録作成に至るまで一つひとつの作業を丁寧に行い、情報の正確性と各種期限の時間厳守を徹底し、各委員会をサポートすることで、スマートな意見が飛び交う活発な会議運営と会員が運動に集中することができます。財務では各委員会の予算の計画や執行など、事前に書類の精査を行い積極的にサポートや指導を行うことで会員の会費が有益に使われ、より良い運動を発信することができます。さらに会の根幹でもある定款や規定が、過去の規定変更を過去のものとして終わらせるのではなく、今の時代に即しているかを考え見直す機会を持つことで、定款や規定が活動の支障となることがなくなり会員が有益に活動を行える組織となります。また四日市青年会議所が地域社会から見て必要な組織であり続けるために、積極的な事前配信を行うとともに、事業後に我々の運動が地域へどのような影響・効果を与えることが出来たかを発信することで、より一層我々の運動を理解することにつながり我々のファンになっていただくことができます。
 当たり前のことは当たり前に、至極当然の行為を確実に行うことこそがすべての運動の原点であります。事務局が率先して、着実に効率性と正確さを追求する組織運営を行い、会員にも地域社会にも有益な組織であり続けることで明るい豊かな社会へつながります。

事業計画

全会員による会員拡大で地域のブランドを目指す 通年
総務事項の運営管理
(基本資料の作成・総会・理事会・例会・財務・その他)
毎月
賀詞交歓会 1月14日
6月度例会 6月12日
卒業生を囲む会 11月
12月度例会  12月1日
地域と四日市青年会議所をつなぐ広報 通年
規定の理解及び規定の調査・整備 通年
出向者への支援 通年
同好会への支援 通年
第46回JC青年の船「とうかい号」一般乗船者の募集・支援 通年

事業予算

1,000,000円

委員会開催予定日

毎月月初(原則)